CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


耳鳴り・めまいランキング



メニエールな主婦の闘病記録です。
「メニエール病になんか負けないぞ!!」という強い気持ちで前向きに頑張っています。


<< 予約なしで診てもらえる病院では解決せず | TOP | 突発性難聴?耳鼻科では『異常なし』 >>
自律神経失調症とはどんなものなのか

JUGEMテーマ:闘病記

 

2005年7月24日

 

あの大きなめまいが起きてから2年が経った頃、また少し体調を崩していた。


自分でもどこが具合が悪いのかはっきりしない。


頭痛、

胃痛、

下痢、

耳鳴り、

肩こり、

腰痛、

歯痛、

吐き気、

倦怠感…

 

どれも合ってるようで合ってないようでって感じ。

どれも少しずつ症状はあるけど病院へ行くほどではないし、でもどれもすっきりしない状態が続いている。

 

10日くらい前に、頭痛がひどい時があった。

頭痛薬を何度か飲んで、その薬で胃をやられたのか今度は胃の具合が悪くなった。


それで胃薬を飲んでいたが今ひとつの状態で、先週、今度は吐き気に襲われた。
結局吐くほどまでにはならなかったが、あれ以来ずっと軽い乗り物酔いの状態みたいな感じが続いている。

いったい何なのだろう。

疲れだろうか。

ストレスが原因なのかなぁ。

 

 

友人にその話をしたら、「自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)じゃないの?」と言われた。

 

自律神経失調症って何??

 

調べてみたら、

『不規則な生活習慣やストレスなどにより、自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のこと』

らしい。

 

そもそも自律神経とは、

 

自分の意志とは関係なく、心と体のバランスを適切にコントロールしてくれる神経なのだとか。

 

自律神経には二種類あり、

 

一つは<交感神経

もう一つは<副交感神経

 

簡単に言うと、

 

<交感神経>とは、カラダを活発にするときに働く神経

<副交感神経>とは、カラダがリラックスしたときに働く神経

 

運動や仕事をするときなど、よしっ!と気合を入れてやるような活動的な場合は<交感神経>が働き、

お風呂にのんびりつかったり、テレビを見て笑ったり、ゆっくり眠ったりなどお休みモードのときは<副交感神経>が働く。

 

交感神経>が優位な場合は、血管がキュッと縮み血圧が上昇し、心身が活動的な状態になる。

 

一方<副交感神経>が優位な場合は、血管がフワッと緩んで血圧が下がり、心身もリラックスした状態になる。

 

このように、身体は<交感神経>と<副交感神経>を必要に応じて切り替え、体内のバランスを保っている。

この両方がちょうど同じくらいのバランスで、どちらかに大きく傾かないのがベスト。

 

自律神経が整っていれば、この切り替えがスムーズにいくのだが、

乱れると切り替えが上手くいかずに心身に様々な不調が現れる、

ということらしい。

 

 

異国の地で初めての子育て。

気を張りっぱなしだったここ数年。

 

ストレスを上手に発散できずにきてしまったせいで、自律神経のバランスが崩れてしまっているのかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #自律神経失調症 #交感神経 #副交感神経 

posted by ちい | 12:45 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
コメント
コメントする