Search this site
RANKING
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『メニエール病という病気を正しく理解する』 まずは敵を知ろう!
    ちい (07/13)
  • マスク着用のレジの店員へお願い「はっきり大きめの声で話してほしい」
    ちい (07/13)
  • 『メニエール病という病気を正しく理解する』 まずは敵を知ろう!
    moto (07/13)
  • マスク着用のレジの店員へお願い「はっきり大きめの声で話してほしい」
    moto (07/13)
  • マスク着用のレジの店員へお願い「はっきり大きめの声で話してほしい」
    moto (07/13)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (07/11)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (07/08)
  • 人気記事ランキング【2020/07/07】
    ちい (07/07)
  • 人気記事ランキング【2020/07/07】
    moto (07/07)
  • メニエール病にメンタルまでやられるな!負けずに頑張っていこう!
    moto (06/30)
AD
AD
LINKS
OTHERS
Search this site



メニエールな主婦の闘病記録です。
「メニエール病になんか負けないぞ!!」という強い気持ちで前向きに頑張っています。


<< ようやくリアルタイムに追いついた | TOP | 漢方を飲み始めて5ヶ月が経った >>
<自宅でヘナをするときの手順>

自宅でヘナをするときは、なるべく手際よくサクッと終わらせたいよね。

効率よく出来るよう手順を書いておこう。

 

 

<用意する物>

 

ヘアオイル

ヘナ

お湯(ヘナの4倍)

ボール二つ(一つはヘナを計量してダマを崩すのに使い、もう一つはお湯と混ぜる用)

泡立て器

床に敷く新聞紙など

(ワセリン)

手袋

ラップ(シャワーキャップや帽子など)

汚れて良いタオル

 

 

ヘアオイルで頭皮をマッサージ

 

ヘナは油分を取り除く作用があるため、使用前にある程度のヘアオイルで油分を補うといいそうだ。

 

オイルを頭皮に塗った後、最低1時間は放置してからヘナを塗るため、まずこれをやる(前日の就寝前からやっても良い)。

 

オイルの量は髪の量にもよるが、大さじ1くらいから試す。

頭皮をマッサージした後、毛先まで少しずつなじませる。

(脂性肌の人はオイルマッサージはやらない)

 

ヘナ前に洗髪は必要なし。

 

 

ヘナを溶かす

 

ヘナはふるいにかけるとダマになりにくいそうだが、私は面倒くさいのでボールに直接入れて泡立て器でシャカシャカと混ぜてダマを崩している。

 

お湯の温度は60℃くらい。

熱湯は不可。

(60℃のお湯は、沸騰しているお湯に同量の水を入れると出来る。冬場は水よりお湯の分量を少し多くした方がいいかな)

 

[ヘナの量の目安]

ロング:約100g〜

セミロング:約60〜80g

ショート:約30〜50g

 

長さだけでなく髪の量にもよると思うので、あくまでも目安。

 

私は現在、肩くらいまでのミディアムヘアだが、ヘナの量は100g使っている。

お湯の量はヘナの4倍くらいなので400cc。

 

本当は私くらいの髪の長さではもう少しヘナの量は少なくても良いのだろうが、私は髪の量は多い方。

途中で足らなくなるとイヤだし、たっぷり毛先まで塗って、早くきれいな髪になりたいから多めに使っているよ。

 

ヘナの中にお湯を入れるよりも、お湯の中にヘナを入れた方がダマになりにくいと書かれてあったので、私はそうしてる。

泡立て器でよく混ぜ、30分〜1時間置く(私は今日は30分置いた)。

 

 

塗る準備

 

待っている間に、塗る準備。

 

洋服は汚れても良いもので、出来れば前開きのもの。

私は洗面所で塗るので、床や洗面台に新聞紙を敷き詰め、汚れ防止。

 

 

生え際にオイルを塗る

 

額やもみあげの辺りなどにオイルを塗っておくと、皮膚が染まっても落ちやすくなるそうだ。

私はワセリンを塗っている。

 

耳にもつくことがあるので、耳にも塗ってるよ。

 

 

髪にヘナを塗る

 

手袋をして(ぴったりフィットするタイプが使いやすい)ヘナを髪に乗せていく。

上の方から少しずつ髪をとって頭皮にすり込むように塗っていく。

 

 

ラップをしてタオルを巻く

 

ヘナペーストが乾燥すると染まりが悪くなるので、ラップを頭全体に巻く(シャワーキャップでも良い)。

冷えないようにタオルも巻き、ヘアバンドなどで固定。

 

ヘナは冷えると染まりにくいとか。

特に冬場は温かく保つことが大事。

 

・塗る前にヘナペーストを湯煎して温める

・暖かい部屋でヘナする

・ラップの上からドライヤーで温める

・温かい飲み物を飲む

・毛糸の帽子を被る

 

これらを試してみてね。

 

置き時間は1〜3時間くらい。

私は2時間置いている。

 

 

Юい流す

 

シャンプーや石けんなどは使わずにお湯だけで洗い流す。

 

以上!

 

あとは乾かすだけ。

私は毛先に少しヘアオイルを塗ってから乾かす。

 

今日も白髪に綺麗に色が入り、天使の輪が出来たよ♪

 

 

 

 

 

<ヘナスケジュール>

 

朝にしろ夜にしろ11時仕上がりにするためには、だいたいこんな感じで進めていくとよい。

 

07:25 オイル塗り始め(これは早めでも良い)

 ↓

07:55 ヘナペースト作り(ヘナとお湯を混ぜるのがこの時間。それまでに計量などの準備はしておく)

      新聞紙を敷き詰めたり、塗るための準備をする。

 ↓

08:25 ヘナを髪に塗る

 ↓

08:40 塗り終わり(15分で塗ると考えての時間)。後片付け。

 ↓

10:40 2時間置いた後、洗い流す

 ↓

10:50 ドライヤーで乾かす

 ↓

11:00 完成!

 

 

最初は少し手間取るかもしれないけど、慣れてきたら手早く出来るようになるよ。

 

髪が短い人は、ヘナを塗るのも髪を乾かすのも短時間で出来るので、もっと短時間で出来るよね。

 

自分で髪を染められれば、美容院でやってもらうよりなんと言っても安価で出来る。

そして、待ち時間もパソコンをやったり家事も出来るので、時間の無駄がない。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #ヘナ #白髪染め #毛染め 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 15:10 | ヘナ | comments(0) | - |
コメント
コメントする