CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


耳鳴り・めまいランキング

メニエールな主婦の闘病記録です。
「メニエール病になんか負けないぞ!!」という強い気持ちで前向きに頑張っています。


突発性難聴?耳鼻科では『異常なし』

JUGEMテーマ:闘病記

 

2006年10月24日

 

朝起きたら、左耳が塞がった感じがした。


ここですぐ、

「これはもしや突発性難聴?」

と思ったのは、最近、親しい友人がこの病気にかかったと聞いていたためだ。


さっそくネットで調べた。

突発性難聴とは、ある日、目を覚ますと片側の耳が聞こえなくなっていたり、詰まる感じがしたり、耳鳴りを感じたりする病気です

私の症状と全く同じだ!

この病気の原因はまだ不明だが、疲れや風邪が原因となることもあるらしい。

前日から少し鼻水が出たりと風邪の症状があった私。


少し前に日本に二週間の一時帰国をした。

その後、疲れていたのにゆっくり休養する間もなく、家族の看病続きでかなりバテていた。

ストレスも感じていた。

耳の状態は、午後からはずいぶん良くなってきた。
特に聴覚に異常は感じられないし、何となく耳に違和感がある程度。


あぁ、どうか気のせいであって欲しい。

 

 

 

***

2006年10月30日

 

6日経っても、やはり何か耳の違和感がずっと続いている。

 

たいしたことはないかもしれないが、手遅れになるのもイヤだったので(このまま耳が聞こえなくなったという人も多いらしいし)、以前行ったことのあるA耳鼻科へ行ってきた。

前回行ったのは約3年前
でもちゃんと記録も残っていて『初診』ではなかったので、余計な手続きはいらなかった。

でも保険のことが何かトラブっていて、けっこう待たされた。
何をするにもスローペース。


診察室へ呼ばれてからもドクターはなかなか来ないし。
これじゃ、予約の時間なんてあってないようなものじゃないか!

と怒りたくもなるが、こういうことはアメリカでは日常茶飯事。

ずいぶん慣れたけどね。

久しぶりに会った中国人のドクターは、相変わらず小声でボソボソと話す。
本当に耳の悪い人は、この人の声は聞き取れないんじゃないかな。

でも声が大きすぎても耳に響いたりしてうるさく感じるのかも。


症状を話して、耳を診てもらったが、特に異常はないらしい。
その後、ヒアリングテストを受けた。

高音も低音も両耳とも異常なし。

 

ただ、耳に圧力をかけて調べる検査で左耳だけが異常があった。
 

病気のことは日本語で話されても難しい言葉が多く、ピンときづらいと思う。
それが英語で耳の中のしくみや何やら話されてもさっぱり分からない。


一つ一つの検査を納得しながら受けられないというストレス。

言われてることが理解出来ないので、それについて分からないことをその場で聞くことができないストレス。


あぁ、日本で、日本語で、ちゃんとした診察を受けたかったとしみじみ思った。

その圧力をかけて調べる検査、というのは後で家に帰って調べたら、

チンパノメトリー(中耳の空気圧や鼓膜の可動性などを見る検査)』

というものだったと知った。

夫の通訳から判断するに、耳の中は見えないので推測でしかないが、どうも左耳に液が溜まっている可能性があるとのこと。
風邪ひいたときの鼻水の影響かも?ということで、今日は【GFN 600-Phenylephrine 40(フェニレフリン)】という鼻炎薬をもらってきた。

とりあえずこれを10日飲み続けて、その後もう一度検査をすることになった。

たいしたことは何もしていないのに、待ち時間も入れて1時間半もかかったよ。
もっとスムーズにいかないものかなぁ。
仕事の時間に夫に付き合ってもらっているので、なるべく短時間で済ませたいのに。

 

 

 

***

2006年11月13日

 

言われた通り、きっちり薬を飲んで耳鼻科を再受診。

結果は異常なし。

異常がないというのは良いことなはずなのに、結局何だったのだろう〜とスッキリしない気持ちがいつも残る。

今回は耳の異常のみで、めまいなどの症状は起こらなかった。

3年前のあの大きな発作のことがあるので、あんな状態になる前にちゃんと受診したことは安心材料にはなったかな。

 

アメリカでの耳鼻科受診は、これで最後だった。

これから数年はそんなに大きく体調を崩すこともなく過ごせたので、今思えば幸せだったと思う。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #耳鼻科 #チンパノメトリー #アメリカ 

 

posted by ちい | 15:11 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
この体調不良は自律神経失調症?

JUGEMテーマ:闘病記

 

2005年7月24日

 

あの大きなめまいが起きてから2年が経った頃、また少し体調を崩していた。


自分でもどこが具合が悪いのかはっきりしない。


頭痛、

胃痛、

下痢、

耳鳴り、

肩こり、

腰痛、

歯痛、

吐き気、

倦怠感…

 

どれも合ってるようで合ってないようでって感じ。

どれも少しずつ症状はあるけど病院へ行くほどではないし、でもどれもすっきりしない状態が続いている。

10日くらい前に、頭痛がひどい時があった。

頭痛薬を何度か飲んで、その薬で胃をやられたのか今度は胃の具合が悪くなった。


それで胃薬を飲んでいたが今ひとつの状態で、先週、今度は吐き気に襲われた。
結局吐いたりはしなかったが、あれ以来ずっと軽い乗り物酔いの状態みたいな感じが続いている。

いったい何なのだろう。

疲れだろうか。

ストレスが原因なのかなぁ。


でもまぁ、何とか日常生活は出来ているしね。

夜更かしもしないようにしているので、少しは快方に向かっている気はするけどな。

 

友人にその話をしたら、自律神経失調症じゃないの?と言われた。

 

自律神経失調症とは、不規則な生活習慣やストレスなどにより、自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のことらしい。

 

うーむ、確かにそんな感じもする。

でもだからと言ってどうしたら良いのかも分からない。

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #自律神経失調症 #乗り物酔い #頭痛 

posted by ちい | 12:45 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
アメリカで初めての耳鼻科受診、結果はグレーのまま

JUGEMテーマ:闘病記

 

2003年6月2日

 

最初の発作から10日が経過しても、やはりその後も耳の調子が悪いまま。

音が響いて聞こえるし、音楽も音程が悪く聞こえる。

 

子どもから耳の側で大声を出されるとかなり辛かった。

たまにフラフラした感じもする。

 

重い腰を上げて、ちゃんとした耳鼻科を受診した方が良さそうだ。

この地に長く住んでいる日本人の知り合いに、A耳鼻科を紹介してもらった。

 

予約がとれたのが10日先。

それが今日だった。

 

それでも早い方だとか?

どうなってるんだろう、アメリカの病院の仕組み。

 

耳鼻科のドクターは、ボソボソと小声で話す中国人のおじいちゃん先生だった。

 

その日にどんな検査をしたのか覚えていないが、どれも正常の範囲内だった。

「こんなに調子が悪くても正常なの?」

と納得いかなかったが、とりあえず薬を飲んで様子を見て、また二ヶ月後にチェックしましょうと言われた。

 

その頃はまだメニエール病というのが、名前は聞いたことはあるが、どういう病気かも詳しくは知らなかった。

『めまい=メニエール』くらいに思っていた私は、

「メニエールとは考えられませんか?」

と一応尋ねてみた。

 

でも

メニエールだったら何度もめまいが起こるはずだ(だからメニエールではないだろう)」

と言われてしまった。

 

今日の結果もグレーのままでスッキリしない。

 

 

***

2003年8月4日

 

前回診察してもらってから二ヶ月後、再び診察に行ってきた。

 

3ヶ月近く続いた耳の異常も、もらった薬を飲んでから良くなったし、ひどいめまいも結局あの日一日限りだった。

 

この日のヒアリングテストも特に異常はなかったため、メニエールではなくウィルス性のものだろうと言われた。

 

今後もし耳の調子が少しでもおかしくなったら、今度こそすぐ病院へ行こう。

そうしないと結局原因が分からないし、不安ばかりが残る。

 

まぁ、とりあえず今回は全快したのかな。

良かった、良かった。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #アメリカの耳鼻科 #ウィルス #ヒアリングテスト 

posted by ちい | 11:34 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
予約なしで診てもらえる病院では解決せず

JUGEMテーマ:闘病記

 

2003年5月14日

 

大きな発作から4日経ったが、その後も体調が優れなかったため、やっと病院へ行くことにした。

 

ただでさえ病院嫌いなのに、異国の地での受診となると更にハードルが上がる。

でもそうも言ってられないね。

 

私は英語が全く分からないので、通訳のために夫が着いてきてくれた。

 

この地に来てから小児科と産婦人科以外行ったことがなく、まだホームドクター(かかりつけ医)も持たなかった。

どこの病院も予約が必要なため、具合が悪くても今日すぐ診てくれるとは限らない。

 

どうしようかと考えていたら、予約なしで診てくれる病院があると夫が会社で聞いてきた。

とりあえず薬だけでも欲しかったのでそこへ行ってみた。

 

問診票を渡され、それに記入しなければいけないのだが、それがまた専門用語ばかりでとにかく難しい。

夫と一緒に辞書を引き引き何とか書き終えたが、けっこうテキトーになってしまった。

 

思ったよりも短時間で診察室に呼ばれた。

症状について色々聞かれる。

 

数日前の大きなめまいのことや、その後も調子が悪いことを話した。

今現在は症状はあまりないと言うと

「じゃあ、なぜ来たの?」

と聞かれたが、

 

不安だからじゃないの〜〜〜っっっ!!!!

(言わなかったけど)

 

とりあえ症状は落ち着いているが、あんなにすごい大回転を起こしたのだから、もしかしたら大きな病気が隠れているのかもしれないと思って来てるのにさっ。

 

ちょっとムッとする。

 

まだ本調子ではないし、何が原因でああいう症状が出たのかも知りたい。

どういうことに注意した生活を送ればいいのかとか、なにかしらアドバイスをくれるだろうと期待していたのに、それも全くなし。

 

結局、専門の病院ではないので詳しいことはチェック出来ないのよね、残念だけど。

 

出してもらったのは、メクリジンという薬。

後で調べたら乗り物酔いの薬だった(トラベルミンのようなものかな)。

 

「眠くなるよ」と言われたとおり、一日中眠くて眠くて…。

あまりの眠さに思考能力が落ちてしまい、しばらくもう何もやりたくない状態になってしまった。

 

アメリカでは、基本はホームドクターに罹り、必要であれば専門の病院を紹介してもらって行くようなシステムだったのだろうね。

まだ当時はよく分かってなかったが、今回行ったところは、日本で言えば救急外来みたいなところだったのだと思う。

 

とりあえず症状を和らげるための薬を出すだけ。

あとはちゃんと専門医に罹ってね、ということだったのだろう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #Prima_care #メクリジン #ホームドクター 

posted by ちい | 10:40 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
メニエール発作の前に確かに前兆はあった

JUGEMテーマ:闘病記

 

最初の発作は突然起こったような気がしていたが、一週間くらい前から耳の不調を感じていたようだ。

友人に宛てたメールに、耳がボーッとして、自分の声が耳に響く感じがするというようなことが書かれてあった。

 

子どもの寝付きが悪かったし、寝不足が原因かな?

と、その時は思っていた。

 

小さい子がいれば多くの人がそうなるように、ストレスも確実に溜まっていた。

 

慣れないアメリカでの生活も、それなりにストレスはあったよね。

 

それと、GWを利用して日本から友人達が五日間遊びに来てくれたのだ。

ずっと家に泊まっていたのでおもてなしもしないといけなかったし、あちこち買い物や名所?にも連れて行ったりと忙しい数日間を過ごした。

 

とても楽しかったけれど、かなり疲れもした後だった。

 

今なら分かる。

 

こういう状況の時はめまいが起こる、と。

 

発作当日、出かける前に立ち上がったときに、一瞬大きくふらついた感覚も良く覚えている。

間違いなく前兆だよね。

 

何しろ16年前のあの時は初めてだったので、まさかこんな大きな発作が起こるなんてことは想像もしていなかった。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #前兆 #発作 #疲れ 

posted by ちい | 09:58 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |
私が初めてメニエールの発作を起こした日のこと

JUGEMテーマ:闘病記

 

2003年5月10日

 

●前兆

 

当時、夫の仕事の都合でアメリカに住んでいた。

 

この日は友人ファミリーからランチのお招きがあり、家族で伺う日だった。

 

実は一度このお招きを、子ども(1歳)の急な発熱でドタキャンしたことがあった。

友人はせっかく手料理を用意してくれていたのに、本当に申し訳ないことをしたのよね。

 

皆の予定を合わせて、再度仕切り直したのがこの日だった。

そのため、朝から少し体調が悪いとは感じていたが、またもやドタキャンなど出来るわけがなかった。

 

出かける前に一瞬フラッとした感覚があったが、それを気にとめる余裕もなく、バタバタと友人宅へ出かけた。

 

 

●最初の発作

 

体調は悪いながらも、どうにか楽しくランチを終えた頃、頭がフラフラし出した。

友人に言って少し横にならせてもらったが、目がグルグル回り始め、吐き気がしてきた。

 

これはやばい!

でももう一人では歩けずトイレにさえ行けない!

 

庭で子どもの相手をしてくれていた夫を、気力を振り絞って大声で呼び、トイレまで支えて連れて行ってもらった。

アメリカの家は広いので、トイレまでもとても遠かった。

 

何とかトイレまでたどり着き、その後ドアを閉めてからのことはあまり覚えていない。

とにかく吐き続けていたのだと思う。

 

いったい何時間トイレに籠もっていたのだろうか?

 

幸いだったのは、友人宅にはトイレ付きのバスルームが二カ所あり、私が一つを占領しても他の人は困らなかったこと。

もうあの時は、一分もトイレの側を離れることは出来なかった。

 

 

●帰宅

 

それでもいつまでも友人宅にいては迷惑がかかる。

子どもも眠くてグズり始めたし、そろそろ帰らなくては。

 

家までは車で15分くらい。

まだまだ吐き気は続いていたが、紙袋の中にビニール袋を設置したものを友人が持たせてくれたので、それを握りしめてお礼もそこそこに車に乗り込んだ。

 

車を走らせると、子どもはすぐに寝たようだ。

私は一番後ろの席で死んだようになっており、吐き気と戦っていた。

 

何とか家までたどり着き、またトイレに直行。

そしてしばらくトイレを占領(我が家にも二カ所バスルームがあったから助かった!)

 

気がつくとトレイの前の床で寝ていた(倒れていた?)。

 

この日のことはこれ以上覚えていない。

手足がすごくむくんでいたとの記録がある。

 

招待してくれた友人ファミリーには本当に申し訳なかった。

せっかくの楽しい時間を壊すようなことになってしまった。

 

二度も続けてドタキャンは出来ないと思って無理して行ったが、結果的にはドタキャン以上の迷惑をかけてしまったよね。

 

夫にも大変な思いをさせてしまったな。

でも夫のいる休日で良かったと心から思った。

 

もし平日だったら、子どもはどうなっていたのだろう…。

考えただけでも恐ろしい。

 

これが私にとって初めてのメニエール発作だった。

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #発作 #アメリカ #ランチ 

posted by ちい | 19:59 | メニエール病歴[2003〜2006年] | comments(0) | - |