CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村


耳鳴り・めまいランキング



メニエールな主婦の闘病記録です。
「メニエール病になんか負けないぞ!!」という強い気持ちで前向きに頑張っています。


『耳たぶさすり』でめまいのセルフケア 耳鳴りや難聴にも!

JUGEMテーマ:闘病記

 

メニエール病とは切っても切り離せない症状が、耳鳴りや難聴・耳の詰まりだ。

 

これらの原因は、内耳のむくみによるもの。

 

私も調子が悪いときは、まず人の声が聞こえづらくなってくる。

そして、いつも我が家では音楽を流しているのだが、その音程が悪く感じるようになる。

 

 

「少し耳が詰まってきたかも」

 

とか

 

「ちょっとフラッとするなぁ」

 

とかいう状態になったときに、私が真っ先にやるのが『耳たぶさすり』だ。

 

これを日常的にやっているおかげか、最近では音楽の音程が悪く感じるほど悪化することはほぼない。

 

2020年2月3日の記事で書いた『くるくる耳マッサージ』は、人前ではやりづらいけれど、こちらは目立たずちょちょっとやりやすい感じかな。

 

 

 

 

耳たぶさすり』のやり方は、

 

両手の人差し指と中指で、左右両方の耳たぶの付け根辺りを軽くはさむ。

 

軽く触れる程度の力で、20秒ほど上下にさする。

 

 

 

 (画像はお借りしています)


*『めまい・メニエール病を自力で治す最強事典:マキノ出版』より

 

 

上の画像のように、耳たぶの付け根あたりに内耳点・中耳点・外耳点という反応点がある。

 

この反応点を刺激すれば、耳全体の機能が高まり、めまいや耳鳴りといった症状の改善につながる、ということらしい。

 

人差し指と中指で耳たぶの付け根辺りを軽くはさんで20秒ほど上下にさするだけ。

あまり力を入れすぎないように、軽く触れる程度の力でいいそうだ。

 

誰でもどこでも行える、簡単なセルフケアだ。

 

これを一日に数回行うと良いとか。

(もし片方の耳しか症状がなかったとしても、必ず両耳を同時にさする)

 

一日に何度も根気よく継続することで、健康な耳を取り戻せるらしい。

 

めまいや耳鳴りの症状にお悩みの方、耳たぶさすりを習慣にしてみよう!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #耳たぶさすり #耳鳴り #難聴 

posted by ちい | 08:35 | 効果があると言われているもの | comments(0) | - |
気象病には『くるくる耳マッサージ』めまいの予防・改善にも!

JUGEMテーマ:闘病記

 

昔から天気と体調には深い関係があると言われていた。

 

梅雨時期だったり、台風や低気圧が近づくと頭痛が起きる人がいるよね。

足や腰の関節が痛んだり、喘息の発作が起きる人もいるようだ。

 

古傷が痛むというのも聞いたことがある。

 

実家の母も、雨が降ると膝が痛いと言っていたなぁ。

 

 

気圧や温度、湿度の変化を受けて引き起こされる不調のことを『気象病』と言うらしい。

気象病は内耳が大きく関係しているそうだ。

 

耳の鼓膜の奥にある内耳は気圧の変化を感じるセンサーなのだが、このセンサーが敏感に反応し過ぎると、脳に過剰な情報が伝わり、自律神経が乱れて体に様々な変調が起こる、と言われている。

 

メニエールはどうだろうか?

メニエールも気象に左右されるのだろうか?

 

内耳が関係しているというのはメニエールも同じよね。

 

私自身は、お天気が悪いときは確かに不調を感じる気がする。

でもお天気が良いからと言って体調が良い訳ではないので、なんとも微妙な感じ?

 

でも、メニエールは自律神経の乱れが一つの要因と言われているので、気象による影響を受けることでめまいも悪化することはあるのだろう。

 

自律神経を整えることで、気象病もめまいも予防出来るのではないだろうか。

 

 

 

 

気象病を予防したり改善したりするのには耳のマッサージが良いそうだ。

 

そのやり方を紹介しておこう。

 

 

■くるくる耳マッサージのやり方

 

/道悗反雄垢兄悗芭昭を軽くつまみ、上・下・横に、それぞれ5秒ずつ引っ張る。

 

⊆を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向に5回、ゆっくりと回す。

 

耳を包むように折り曲げて、5秒間キープする。

 

ぜ蠅里劼蕕納全体を覆い、後ろ方向に円を描くようにゆっくりと回す。これを5回行う。

 

 

 

(画像はお借りしています)

私も、毎日お風呂に入ったときに必ずやっている。

 

耳の調子が悪いときもやるようにしている。

耳がほんのり温かくなって少し楽になったように感じる。

 

朝昼晩一回ずつやると良いらしいよ。

内耳の血流をアップさせることによって自律神経が整い、めまいの予防や改善にもなるそうだ。

 

1分で出来るから、ぜひ日課にして続けていこう。

 

この他の対策として、

 

●十分な睡眠

●適度な運動

●バランスの良い食事

 

こういう基本的なことも自律神経を整えるにはもちろん大切なこと。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #気象病 #くるくる耳マッサージ #自律神経の乱れ 

posted by ちい | 14:39 | 効果があると言われているもの | comments(0) | - |
ブラックシリカのネックレスで血行が良くなる?

 

私が二度目のメニエール発作の後、具合の悪い日が続いていた時に、母が持ってきてくれたもの。

 

それは…

 

ブラックシリカのネックレス

 

 

ブラックシリカ(黒鉛珪石)というのは天然鉱石で、名前の通り見た目も黒い石。

 

このネックレスをつけてから、ずっと具合の悪かった人があの人もこの人もどんどん良くなっている、ということをお店の人に言われたらしいのよ。

 

ブラックシリカって何〜?

私は初めて聞いた名前だったので、少し調べてみた。

 

北海道の上ノ国町でしか採掘されない大変貴重な石らしい。

世界の中で、この地区にしか存在しないとか。

 

数億年かけて海底の珪藻類が堆積したもので、多くの天然ミネラルを含むそうだ。

 

その効能は、

 

・遠赤外線を発生させること

 

・マイナスイオンを発生させること

 

・波動をもつこと

 

とのこと。

 

これらを常温で半永久的に大量に放射・発生する特性があるらしい。

 

血行が良くなることにより、肩こりや腰痛の緩和、免疫力を上げるなどの効果があるとか。

手荒れが治ったとかいう報告もあるそうだよ。

 

たぶんお値段はかなり高かったんだよね。

母ははっきりは教えてくれなかったけれど、たぶんウン万?(もしかしたらウン十万?)はしたみたい。

 

 

お店の人に良いように言われて、勧められてつい買ってしまったに違いない。

普段からとてもお世話になっている人だから、お付き合いで買ったというのもあるのだろうけどね。

 

いつもだったら少しきつく注意するところだけど、何も言えなかったわ〜。

だって、私のために、私を何とかラクにしてやりたくて買ってくれたんだもんね…。

 

気持ちはとっても嬉しかったよ。

 

 

それでも効果があったのなら万々歳なんだけど、特に私には効いてる感じはしなかったなぁ。

肩こりも治らなかったし、めまいもラクにはならなかった。

 

でも人によっては効果があるのかもしれない。

 

あの頃の私はきっと何をしても良くはならなかった気がするわ。

でも割と落ち着いてる今なら効果があるのかもしれないね。

 

予防にもなるのかな?

…などとは思うので、どなたかの参考になれば〜と一応書いてみた。

 

たぶんブラックシリカという石自体はそんなに高価なものではないはずなので、試したい人はもっとよく調べてからにしてね。

 

何とかラクになりたくて、藁をもつかむ思いで値段も見ずに買ってしまう気持ちは十分過ぎるほど分かる。

 

でも少なくともウン十万もするものはぼられてるはず。

 

それか、石以外のところに高価なものを使っているか、かな?

(私のネックレスはこっちかもしれない)

 

単なるアクセサリーとして使うのならOKだけどね。

 

「これをつけていればめまいは起こらない」

と自分に暗示をかけるためにつけるのには良いかもよ。

 

思い込むことは大事だしね♪

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #ブラックシリカ #ネックレス #血行促進 

 

 

 

 

posted by ちい | 08:40 | 効果があると言われているもの | comments(0) | - |
生姜やシナモンがめまいに効果的

JUGEMテーマ:闘病記

 

今日は、めまいに効果があると言われている生姜シナモンについて書いてみよう。

 

 

 

 

【生姜】

 

私はもともと冷える体質だったのもあり、朝にいつも生姜紅茶を飲む習慣があった。

 

生姜紅茶というのは、紅茶に卸した生姜を入れた飲み物。

 

何年前からだろうか?

結構長いこと(15年くらい?)飲んでいたのに、そう言えばここ数年サボり気味になっていた。

 

でもメニエール病になって色々調べていたら、

 

生姜は内耳を含めた全身の血管を拡張させる効果があり、

血流を促進してくれる

 

とのこと。

 

そういうことから、めまいにも良いらしい。

更年期障害にも効果があるそうだ。

 

乗り物酔いにも生姜はいいって聞くしね。

 

生姜だけでなく、紅茶も体を温める効果があるんだって。

 

よし!気合いを入れて、もう一度生姜紅茶を飲むことを習慣づけよう!

 

毎日のことだから、手間がかかると長続きしない(私の場合)。

だから紅茶は簡単にティーパックを使っているよ。

 

生姜は生のものを毎回卸すのは大変よね。

 

チューブの生姜を使った時期もあったけど、あれはあまり美味しくなかったな。

 

濃い味の料理に使う分には良いのかもしれないけど、生姜紅茶には向かないかも…。

毎日摂るには添加物も気になる。

 

生姜を卸すのは、フードプロセッサーを使えば簡単だと母から聞いた。

平たくして冷凍して使う分だけポキポキ折って使えば良いらしい。

 

我が家には残念ながらフードプロセッサーがないのよね。

だから金時生姜粉末を使っているよ。

 

粉末だから気軽に使えるし、ピリッと辛くて気に入っている。

 

 

【シナモン】

 

アメリカに住んでる頃に、たまに食べていたシナモンロール。

かなり甘いけれど、苦いコーヒーによく合ってけっこう好きだった。

 

 

そのアメリカにあった同じお店が日本にも出店したので、夫が出張の時にたまに買ってきてもらって、食べながらアメリカを懐かしんでる私たち。

 

シナモンロールに使われるシナモンには体に良い効能が沢山あるらしい

 

消化促進、抗菌・抗酸化作用、発汗、健胃、毛細血管の保護・修復

 

血糖値や中性脂肪、コレステロール値を低下させるなど生活習慣病の予防にも効果があるそうだ。

 

メニエールに関係しそうなのは…

 

『毛細血管の保護・修復』かな?

 

血流を改善するってことだよね。

 

平衡感覚をつかさどる内耳のリンパ液が多くなると、平衡感覚が上手く機能せずにめまいが起きる。

そこでシナモンをとり、内耳の血行を良くして内耳のむくみをとることで、めまいを起こりにくくする

 

体を温めるので冷え性にも良いそうだ。

 

シナモンは漢方では桂皮(けいひ)という名前で用いられているそうだが、私が今飲んでいる漢方『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』にも『桂』の字が!!

 

風邪の時に飲む葛根湯の他、よく使われる漢方にも3割以上にシナモンが含まれているんだって。

すごいね〜。

 

私は毎朝飲んでいる生姜紅茶に、最近はシナモンも一緒に入れて飲んでいる。

 

甘味のものは何も入れていないのに、何となく甘く感じるのは香りのせいかしら?

 

最初はこれ↓がたまたま家にあったので使っていた。

KALDIのシナモンパウダー

 

 

別にこれでも良かったのだが、袋になってるのがちょっと使いづらかったのよね。

振りかけられるようなタイプのがいいなーと思って買い直したのがこちら↓

 

まず左の方を買った。

S&Bのシナモンシュガー

 

名前の通り、砂糖が入っている。

 

買うときにこれに気づかなかったのよねぇ。

お菓子作りか何かに使うときは良いが、毎日の生姜紅茶に使うなら砂糖入りじゃない方がいいかな…。

 

ということでまたもや買い直したのが、写真右側の、

S&Bのシナモンパウダー

 

これは缶の上に穴が空いていて振りかけやすくて良かったよ。

ただ、原料原産地名に、中国・ベトナムと書かれてあった。

うーむ、これは気にするべきか、気にしなくても良いものか。

 

よく分からないけど、気になる人はこちら↓がいいかも。

 

これだとマレーシア産(だから良いのかは分からないけどね:汗)。

 

サイズの大きい300墜りというお得なのもあるけれど、なかなかそうは使い切れないので、とりあえずこの80弔らいのサイズで様子を見てみてもいいと思うな。

 

シナモンは体に良いとは言っても過剰摂取はNGだそうだ。

 

大量に摂取すると肝機能に障害が起こる可能性があるとか。

 

健康的に摂取するために摂取量の目安は守るようにと書かれていたよ。

 

日常的にシナモンを取り入れるなら、一日の摂取量は多くても3弔棒限するようにとのこと。

 

シナモンパウダーは小さじ一杯で約3帖

一日三回摂取するのなら、一回あたり1(小さじ1/3)にしよう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #生姜 #シナモン #血流改善 

 

posted by ちい | 14:31 | 効果があると言われているもの | comments(0) | - |