Search this site
RANKING
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • オープンチャット継続
    ちい (09/22)
  • オープンチャット継続
    めにとも (09/22)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (09/14)
  • 人気記事ランキング【2020/09/01】*冷凍梅を使ったレシピ教えて*
    ちい (09/02)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (08/24)
  • ヘナで白髪染めをするようになってからの髪の変化
    ちい (08/22)
  • ヘナで白髪染めをするようになってからの髪の変化
    MOTO (08/22)
  • メニエール病 梅雨が明けたらめまいもラクになるだろうか?
    ちい (08/21)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (08/16)
  • 【掲示板2020 @メニエールらいふ♪】
    ちい (08/16)
AD
AD
LINKS
OTHERS
Search this site



メニエール病の再発に怯えながらも、強い気持ちで前向きに頑張っている50代主婦です。
メニエール病の闘病記録や、病気を抱えつつもそれなりに楽しんでいる日々の暮らしを綴っています。

病院で処方される漢方と漢方薬局で処方される保険適用外の漢方の違い

私が飲んでいる漢方については、ここにまとめている。

 

 ↓ ↓ ↓

 

【メニエール病の漢方治療 効果は?】今まで飲んだ漢方薬のまとめ

 

 

 

これ以降は、

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

この基本の二種類は続けていて、これにプラス、

 

以前も飲んだことのある、

 

真武湯(しんぶとう)

 

を飲んでいるところ。

 

 

冷えが気になることを伝えたら、この真武湯を出してくれたの。

前回これを飲んでいたのは秋から冬にかけての寒くなる時期だった。

 

今回は夏にかけての時期。

エアコンなどで冷えやすいので、再び飲んでみることに。

 

体を温め、水はけを良くする。

吸収が高まり、血流が良くなるようなことを言われたかな?

 

 

 

     これを朝夕一包ずつ飲んでいる

 

 

ところで、

漢方薬局で出してもらう漢方薬は保険がきかないの。

 

病院で処方されるツムラのような漢方にも、

私が飲んでいるのと同じ名前の漢方はあるよね。

 

保険がきくのなら、

これと同じものを病院で出してもらった方がお得なのでは?

 

単純に考えてそう思う。

 

ちょっと勇気はいったけど、

先日思い切って漢方薬局の先生に聞いてみたよ。

 

 

病院で処方される保険のきく(保険適用の)漢方と、

漢方薬局で処方される保険のきかない(保険適用外の)漢方、

この違いは何か?

 

 

まず、成分は同じだそうだ。

 

ただ、質が違うと言っていたかな。

 

保険がきくものは予算の上限があるんだって。

同じ成分ではあるけれど、上質なモノを使えないってことよね。

 

お料理で言えば、例えば肉じゃがを作るとするでしょ?

安いお肉を使って、安いお出汁や安い調味料を使ってもそれなりの肉じゃがは出来る。

 

でも、お値段の高い良いお肉を使って、高級なお出汁や高級な調味料を使って作れば、

やはり味わい深い格上げされた肉じゃがが出来るよね。

 

3,000円の予算で作るお料理よりも

6,000円の予算で作るお料理の方が良いモノが出来るに決まってる。

 

予算が少なければ入れないけれど、

予算が多ければ、肉じゃがにも色目も考えてグリンピースなんか入れたりとかも出来るよね。

 

そんな感じよ〜。

薬も同じ。


(もっと良い例えがなかったのか!?分かってもらえるかしら?:汗)

 

あと、製造方法が違うそうだ。

 

病院で処方されるものは、熱を加えて作るので、

必要な成分が飛んでしまうこともある、とも言ってたかな。

 

そういうことから効き目も違ってくるんだね。

 

なるほど〜。

 

 

一人一人体質が違うのだから、

その人に合った、よりきめ細かい処方が必要な場合もある。

 

既製品とオーダーメイドの違い、みたいな捉え方が良いのかな?

 

病院で出される既製品の漢方と違って、

漢方薬局ではオーダーメイドで漢方を処方することが可能なんだろうね。

 

微妙に量を調節することも出来るしね。

 

私が今、基本の二種類と一緒に飲んでる真武湯を今回ひと月飲んでみて、

まだ体が冷えることを伝えたら、

次の月は、「今度は、真武湯の量を増やしてみましょう」と言われたよ。

そういうことも出来るってことよね。

 

漢方薬局で処方してもらっていたけれど、

保険がきいて値段が安いからという理由で、病院でもらう漢方に変えた人もいるそうだ。

でも、やっぱり効かなかったと戻ってくる人も多いって。

 

そうなんだ…。

 

やはりお値段は高くても、それなりのことはあるってことかな。

 

ちょっと私も心が揺らいでいたけれど、これを聞いてから、

もう少し症状が安定するまでは続けていこうと決心したよ。

 

 

薬剤師の資格を持ってるなど、詳しい知識があれば

もっと深く理解し、分かりやすく説明出来たかもしれないけれど、

知識の無い私が、私なりに受け止めた答えはこんな感じだったよ。

分かりづらくてごめんなさい。

 

また新たな発見があれば、追記していきまーす!

 

 

 

 

 

 

*関連記事*
漢方薬でメニエールは治るだろうか?

 

 

 

 

 

 

 


耳鳴り・めまいランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 

 #メニエール #めまい #漢方薬 #保険適用外の漢方 #保険適用の漢方 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 11:55 | 漢方 | comments(2) | - |
【メニエール病の漢方治療 効果は?】今まで飲んだ漢方薬のまとめ

JUGEMテーマ:闘病記

 

メニエール病克服のため、私はここ一年近く漢方薬局で処方してもらった漢方を飲み続けている。

 

まだ途中までしか書いてなかったので、

これを機会に今までのを全部まとめて書いてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

 

  [冷え性、アトニー体質で疲労しやすく、頭痛、頭重、めまい、肩こりなどがあり、ときには悪心、嘔吐などを伴うもの。胃アトニー症、胃腸虚弱者、または低血圧症に伴う頭痛、めまい]

 

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

  [めまい、ふらつきがあり、または動悸があり、尿量が減少するものの次の諸症:神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛]

 

 

この二つは最初からずっと今も飲み続けている。

 

[ ]で囲んである部分は効能・効果(説明書に書かれてあるものをそのまま記載)。

 

 

 

 

 

この二種類を一ヶ月飲んでみて、まぁまぁの成果は出た。

でも、もう少しスッキリ良くなりたいと思った。

 

そこで翌月からはこの二種類にプラス、別の漢方を処方してもらうようになった。

 

 

まずは、これ。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

香蘇散(こうそさん)

 

  [体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いものの次の諸症:かぜの初期、血の道症]

 

 

これは理気剤で、気の巡りを良くして自律神経を整えるそうだ。

 

一ヶ月飲んでみたが特に変わりはなく、冷えやむくみが気になることを伝えたら、

次に出されたのが、これ。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

五苓散(ごれいさん)

 

  [のどが乾いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ]

 

 

これも一ヶ月飲んでみた。

体調も決して悪くはないが、良くもなく…という状態。

 

手芸など細かい作業をするので目が疲れるし、肩こりもする。

それを伝えたら、次に出されたのがこれ。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

釣藤散(ちょうとうさん)

 

  [体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの]

 

血流を良くしたり、目にも良いらしい。

 

これは二ヶ月飲んだが大した変化はなかったかな。

 

夏が終わり、少し肌寒くなってきた頃だったせいか、足が冷えて仕方なかった。

たまたまなのか胃もたれもひどかった。

それで出されたのが、

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

真武湯(しんぶとう)

 

  [冷え、倦怠感が強く、めまいや動悸があって尿量減少し、下痢しやすいもの。慢性下痢、胃下垂症、低血圧症、高血圧症、慢性腎炎、カゼ。]

 

温めながら代謝を上げて、水の巡りを良くするそうだ。

 

これも二ヶ月飲んだ。

 

この頃は、メニエールじゃなくても具合悪くなるよ〜ってくらい私の周りで色んなことが起きてたので、もはや漢方の効き目は正直分からない。

 

漢方のせいではないと思うが、少し調子を崩していた。

 

お次は

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

還元清血飲(かんげんせいけついん)

 

  [中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸]

 

血流が良くなるらしい。

前回の真武湯は温める成分は入っていたが、血流が良くなるものではなかったそうだ。

 

今までどんな漢方も違和感なく飲めていたが、これは少し飲みにくい感じがした。

カラダが拒否してる?

私には合わないってこと?

 

よく分からないが、腹痛が何度か起こったこともあり、一ヶ月で替えてもらうことに。

 

疲れたときにフラフラしやすいことを伝えたらこれを出してくれた。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

帰脾湯(きひとう)

 

  [体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪いものの次の諸症:貧血、不眠症、神経症、精神不安]

 

 

これは補気剤だそうだ。

字の通り、気を補うってことかな。

 

これを現在は飲んでいるところ(二ヶ月目)。

悪くない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々飲んでみての、私なりの感想は…

 

最初の基本の二種類を飲み始めてから、少し体調が上向きになったのは感じたよ。

ただ、ある程度以上にはならない感じかなぁ。

 

基本の二種類以外は、どれを飲んでもそう大差なかった気がする。

私が鈍感なだけかも?

 

漢方薬局で毎回一ヶ月分ずつ処方してもらっていて、そのたびに電話か、もしくは直接会って体調を伝えるが、

 

「まぁまぁな感じだけど、すごく良いわけではない」

 

「悪くはないけれど、良いわけでもない」

 

などと、毎回曖昧な感じでしか答えられないなー。

 

 

 

 

あの目の回るようなめまいは、もうあれっきり3年近く起こっていないが、スッキリ気分良く一日過ごせる日はそうはない。

 

でも、もうこのくらいで良しとするべきなのかな…。

 

 

漢方は自然の植物で出来ているので、長く飲み続けることによる害はないらしい。

 

だけど飲み続けてもあまり効果はないのでは?と思ったりもするのよね。

 

でもまぁよくよく考えてみたら、確かに寝込むほどの日はなくなったな。

具合が悪くなっても以前は良くなるのに一週間はかかってた気がするが、最近は2〜3日で復活出来るようになってきた。

 

これは漢方のおかげなのか、ウォーキングのおかげなのかは謎。

 

 

 

 

でもこれだけははっきり言える。

 

メニエール病には「○○だけしてれば大丈夫」ということはない

 

漢方や病院で処方される薬だけ飲んでてもダメ。

 

ウォーキングだけしててもダメ。

 

質の良い睡眠を確保

 

有酸素運動の習慣をつける

 

バランスの良い食事

 

などなど色んなことを気をつけて、その上で必要であれば自分に合う薬を飲む。

それで初めてそこそこ普通の生活が送れるのではないだろうか。

 

私もまだまだ諦めずに頑張るよ〜。

皆さんも一緒に頑張りましょ〜!

 

 

 

 

 

*関連記事*
漢方薬でメニエールは治るだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 


耳鳴り・めまいランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 

 #メニエール #めまい #漢方 #漢方薬局 #有酸素運動 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 07:39 | 漢方 | comments(6) | - |
漢方を飲み始めて5ヶ月が経った

JUGEMテーマ:闘病記

 

漢方薬局で処方してもらっている漢方薬を飲み始めて5ヶ月が経った。

 

毎回30日分送ってもらっているが、飲み終える数日前に注文の電話をするようにしている。

(こちらがかける前に薬局の方からかかってくることもたまにある)

 

やっぱりまだ、一日でも薬が手元にないと少し不安になるので、絶対これだけは忘れないように気をつけているよ。

 

 

今回も、前回と同じもので様子を見ることにした。

 

基本の、

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

それに、プラス、

 

釣藤散(ちょうとうさん)

 

この三種類を全部混ぜ合わせたものを一日二回服用している。

 

私もメニエール歴はすっかり長くなってしまったが、今はほぼ寝込むことはなくなった。

だけど、まだまだ漢方を飲んでいるうちは治ったとは言えないよね。

 

薬は全部捨てて、有酸素運動のみを頑張ってるというブログなどを読むと、すごいな〜、頑張ってるな〜と思う。

 

私はまだそこまでの勇気はないなぁ…。

 

まだ精神的にも薬に頼っている部分がある。

一日二回飲んでる漢方を、一日一回に減らすことさえ出来ずにいる。

 

やっぱりたまにだけど具合の悪い日があるからよね。

本当に辛い人に比べたら全然大したことはないのだけどね。

 

ここ数年はグルグル回るような大きなめまいは起こってない。

でも、そうなるんじゃないか?との不安がいつもある。

 

早く「もうめまいは起こらない!」と自信を持って毎日を過ごせるようになりたいな。

 

そう言いつつ、やっぱり自分に甘くて、

 

大好きな手芸をガッツリやってしまったり、

 

ついつい甘い物に手が伸びてしまったり、

 

アルコールを飲み過ぎてしまったり、

 

こうやってパソコンに向かう時間が長かったり(苦笑)。

 

反省してはまた暴走し、具合が悪くなってはまた反省するの繰り返し。

自業自得だね。はい。

 

でも、同じことをやってもどうもない人もいるじゃないのよーー。

どうして私だけが具合が悪くなるのーー??

 

 

やっぱりメニエール病だからか…。

と、落ち込む。

 

今日は少し体調悪めなので、ちょっぴり暗い内容になっちゃった。

 

いや、でも、今日も明るく過ごすぞー!

頑張って歩くぞー!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #漢方 #ウォーキング #有酸素運動 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 11:08 | 漢方 | comments(0) | - |
再び漢方薬局へ。漢方薬も医療費控除の対象になるそうだ

JUGEMテーマ:闘病記

 

2019年9月21日

 

私が5月末からずっと飲んでいる漢方は、電話で注文も出来るし、送料無料で送ってもくれる。

送料無料になるのは、金額がいくら以上というのは確かあったと思うけどね。

 

でも、たまには直接会って様子を詳しく話したいと思って、今回は直接薬局まで出向くことにした。


最近の私の体調は、決して悪くはないのだけど、でも良くもなく、という相変わらず中途半端な感じ。

今飲んでる漢方のおかげで悪くはない状態を保っていられるのかもしれないけど、もっと良くはならないのだろうか?と思ってしまう。

ただ、ここの漢方薬局の先生は、病院のようにただ決まりきった薬を出して終わりではなく、ちゃんと話を聞いてくれて、色々試そうとしてくれる姿勢が私的には嬉しい。

高いお金を払っているのだから、当然と言えば当然かもしれないけど、まずは心に寄り添ってくれるというのが患者にとっては何ともありがたいことだよね。

 



色んな症状や悩みを話して、今回は、基本の

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)


苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

に加えて、

釣藤散(ちょうとうさん)

を追加してもらった。

血流を良くしたり、目にも良いと言ってたかな。

私は手芸など細かい手作業をするから、目も疲れるし肩も凝るほうだ。
効いてくれるといいな!

 

 

 

 

 

今日わざわざここに足を運んだのは、医療費控除についても確認したかったから。

 

昨年は、我が家の医療費が初めて10万を上回った。
私が病気したのもあるし、夫も歯科など色々行ってるし。

子どもが成長してあまり病気しなくなってきたと思っていたら、今度は高齢になってきた私たち親の方があちこちガタがきて…(苦笑)。


確定申告をしたら1万弱戻ってきた。
もっと沢山欲しいところだけど、戻ってきただけいいのかな。

 

さて、病院じゃないところで出してもらえる保険の効かない漢方薬は医療費控除の対象になるのだろうか?

 

聞いてみたら大丈夫とのこと。

 

今までもらった領収証などちゃんととってあったかなぁと心配になっていたら、必要なら12月に一年分のをまとめて書いて送りますよと言ってもらえたので安心した。

 

ちなみに国税庁のホームページも見てみたら、

 

治療又は療養に必要な場合には、医療費控除の対象となります。

 

と書かれてあった。

 

==

漢方薬やビタミン剤は、治療又は療養のために効能があるほか、疾病の予防や健康の増進にも効能があり、これらの購入費用について医療費控除を受けるためには、その漢方薬やビタミン剤が医薬品であることに加え、その費用が治療又は療養に必要なものであることが必要となります。

==

 

とのことだ。

 

それにしても、メニエール病は難病と言われているのに、医療費は負担してもらえないのだろうか。

もしかしたら一生付き合わなきゃいけない病気なのに、こうやって一生沢山のお金を払い続けないといけないのだろうか…。

 

幸い私はメニエール病患者の中でも症状は軽い方だし、夫が働いてくれているので助かっているが、もっともっと酷い人で自分が働かないと暮らしていけない人など、いったいどうしたらいいのだろうね。



 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #漢方 #医療費控除 #確定申告 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 07:52 | 漢方 | comments(0) | - |
漢方さえ飲んでいれば大丈夫という訳ではない

JUGEMテーマ:闘病記

 

2019年8月26日

 

5月末から、漢方薬局で処方してもらった漢方を飲むようになった。

 

最初の二ヶ月は、

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)


苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

この二種類だけだったが、先月はこれにプラス、

香蘇散(こうそさん)

というのを入れてもらっていた。

でも特別変わりはなかったし、お腹の冷えや目の周りのむくみが気になることを言ったら、今回は香蘇散に代わり、

五苓散(ごれいさん)

を入れてくれた。


これは飲んだことがある漢方で、その時も特に良くなった訳ではなかった気がするなぁ。
ま、でも今度は上手くいくかもしれないし、様子を見てみようか。

漢方を飲み始めて丸3ヶ月くらいかな。


ものすごーく良くなったとは思わないけれど、以前のように、具合が悪くて悪くて…というほどではなくなったような気がしてる。
寝込むこともほぼないし、普通に生活出来ているのだから良しとするべきかな。

 

 

 

 

2019年9月1日

 

数日前からまた耳の不調を感じていて、少しフラフラするようになった。
右耳からポコポコするような音が聞こえて、ちょっとこれはヤバイかも?と思っていた。

そんなことがあったというのに昨日は飲み過ぎてしまい、夜中に今度は左耳の痛みで目が覚めた。

 


耳が詰まるとか耳鳴りとか、そういうのは何度も経験があるが、耳が痛いというのは初めてだ。

寝返りを打つたびに痛くて、気分も悪くて、もしかして大きなめまいの前兆かも?とものすごく不安になり眠れなくなってしまった。

薬を飲みたいけれど、起き上がった途端、目が回るのではと非常に心配だったが、でも恐る恐る起きてみたら何とか大丈夫そうだったので、とりあえず手持ちのトラベルミンアデホスを飲んでみた。

 



朝起きた時は耳の痛みはなくなっていたけれど、具合の悪さは続いていたかな。


でもまだかろうじて目の回る一歩手前で踏みとどまってる感じだった。
早めの薬が良かったのだろうか。

漢方を飲み始めてからまぁまぁの調子になっていってたので、このまま上向きに行ってくれるかと期待していたのに、やっぱりダメな時はダメか…と落ち込む。

やっぱりこの病気には「○○だけしていれば大丈夫」というのはないのだろうね。

 

漢方さえ飲んでいれば大丈夫ではない


あれもこれも注意していないと何度でも繰り返す

でも今回この程度で終われたのも、日々ウォーキングに励んでいるからと思いたい。
雨ばかりの梅雨も、あの暑かった夏も何とか挫折せずに続けてきたからね。

 



ここのところ涼しくなってきたからウォーキングもしやすくなってきた。


今日も午前中はまだ具合が悪かったが、午後に少しお昼寝してからはずいぶん回復してきたので、夕方からまた夫とちゃんとウォーキングへ。

最近、片道25分のところにショッピングモールが出来た。

中もチラッと覗いて、往復歩くとちょうど良い。

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 

 #メニエール #めまい #漢方 #耳の痛み #ウォーキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 07:48 | 漢方 | comments(0) | - |
漢方を飲み始めて2ヶ月が経った

JUGEMテーマ:闘病記

 

2019年7月29日

 

漢方薬局で処方してもらった漢方を飲み始めて2ヶ月が経った。

 

2ヶ月間飲み続けたのは、

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

この二種類。


先日、そこの先生から電話をもらい、今の症状などを聞かれた。

決して悪くはない。
まぁまぁの状態を保てていると思う。

 



ここのところ割と食欲もあり、よく食べよく飲みよく歩く、と健康的な生活が送れている。


今までは食べ過ぎたり飲み過ぎたりした時は必ず調子を崩していたけれど、何とか踏みとどまれている気がするな。

 

人間というのは欲深いもので、少し良くなると、もっと良くなりたいと思ってしまうのよね。
以前よりもずっとラクにはなってはいるけど、まだスッキリ爽やかな状態ではないからね〜。

高いお金を出しているのだから「何とかもう少し!」と希望は伝えてみた。

そしたら、今まで飲んでいたものはそのままで、プラス、

 

香蘇散(こうそさん)

 

というのが追加された。

香蘇散は理気剤で、気の巡りを良くして自律神経を整えるようなことを説明されたかな。


値段は同じだからお得な感じ?

暑さに負けずにウォーキングも頑張って、何とか良い状態に持って行けるといいな。

 

 

 

 

2019年7月31日

 

今日は朝起きた時から少し耳の調子が悪かった。
お昼くらいまで様子を見ていたが、ちょっと悪い予感がして、久しぶりに漢方以外の薬を飲んでしまった。

漢方を飲み始めてから割と体調が良かったので、またもや調子に乗って色々頑張りすぎたなぁ。

 


でもここで踏みとどまらないとまた数ヶ月調子を崩してしまう。

踏みとどまるにはどうしたら良かったんだっけ?

しばらく調子が良かったら、こんなことまで忘れてしまっている。


ゆっくり寝てた方がいいのか、それとも歩いた方がいいのか。
ここのところ暑さに負けずに頑張って歩いてたと思うのにな。


そいうのも頑張りすぎたってことになるのかな。


ホント、どうしていいのか分からない。
飲んだらスッキリ治る薬が早く開発されないかしら。


そういえば、子どもが学校の行事?で偉い耳鼻科の先生と会う機会があると言っていたので、
「メニエールについて聞いてきてね。お母さんが苦しんでますって。」
と何気なく言ってたのよね。


そしたらちゃんと聞いてきてくれたのよ(驚)。

メニエールはストレスが原因だから、1.5倍気持ちに余裕を持って生活してください

と言われたんだってー。

なるほど。
でも、それが出来たら苦労はしないのかな?
 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #漢方 #香蘇散 #ストレス 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 11:42 | 漢方 | comments(0) | - |
漢方薬でメニエールは治るだろうか?

JUGEMテーマ:闘病記

 

2019年5月26日

 

年末に帰省した先でたまたま見た新聞に、漢方薬局の広告があったの。
それにメニエールのことが書かれてあり、気にはなっていたのよね。

 



帰省先ではなく、私の住んでいる地域にある薬局なのだけど、

 

少し遠いな…
保険は効かないだろうからお値段高いのかな…


とか色々考えて、あと一歩踏み出す勇気が出なかった。

でも、ここのところの調子の悪さで、藁をもつかむ思いで行く決心をしたのよ。

予約がすぐとれたので、さっそく今日、夫に車で連れて行ってもらった。
思っていたよりも近くて、道も混んでなかったせいかすんなり着いたよ。

丁寧にカウンセリングをしてもらい、病歴や症状などを詳しく話した。

漢方の値段はあってないようなものなのかな、一日●百円で、月に●万円。

種類が何であろうと、この金額なんだって。


うーーむ、高い。

調子が良くなっていけば、一日二回飲むのを一回に減らしたりして少しずつ量を減らすことは出来るらしい。

そうなれば値段も下がるのだろうけどね。

今回出されたのは、

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

の二種類を調合したもの。

 



胃腸が弱いこと、足が冷えること、むくみやすい体質なども考慮して出してくれてるものと思われる。

合わなかったら替えてくれるとか。
ぴったり合うのを探せたら、これを病院で出してもらえば保険が効くのかなぁ?

飲む前からプラシーボ効果なのか、帰る時には少しスッキリした気がしたよ(単純!)。


このまま良い方向に向かえますように…。

 

 

 

 

2019年6月23日

 

漢方薬局で処方された漢方薬を飲み出してから約ひと月が経った。


一日も欠かさず朝夕飲み続けたよ。
そういうのはキッチリしてる性格(苦笑)。

結果は…、

うん、案外いい。



すごーく良くなったか?と言うとまだそこまではないかもしれないが、割と良い感じが続いている。

実は、漢方薬を飲み始めて調子が良くなったので、嬉しくて甘いものを食べ過ぎたり、アルコールを飲み過ぎたりして、一度中盤に少しだけ体調を崩しかけたことはあった。

 

でもその時は三日ほど寝る前にトラベルミンを飲んだくらいで、その他の薬は全く飲まずに済んだかな。

耳も少しラクになってる気はする。
気がする、と言うのもね、完全に気にならないくらい良くなってる訳ではないからね。

でも、そうね、漢方の成果は出てるんじゃないかなぁ。
今のところは、だけど。

先日、薬局に電話してまた同じ物を一ヶ月分お願いした。

(無料で送ってくれるそうだ)


今月よりは来月、来月よりは再来月、もっと良くなってると思いますよ、と言われたので期待したい。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ メニエール病へ
にほんブログ村

 


耳鳴り・めまいランキング

 

 #メニエール #めまい #漢方 #半夏白朮天麻湯 #苓桂朮甘湯 

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ちい | 09:58 | 漢方 | comments(0) | - |